カテゴリー別アーカイブ: アロマテラピー

最新脳科学が教えるアロマテラピー

アロマテラピーはハーブなどの植物から抽出された

精油のもつさまざまな作用で心と体に働きかける香りの治療法です

その有効性は医学的にも証明されています

精油の芳香成分は鼻の奥嗅覚細胞でキャッチされ電気信号に変えられ

大脳辺緑系や脳幹の視床下部へと達します

視床下部は自律神経、ホルモン、免疫の働きを制御するところです

香りの信号が視床下部を刺激して感情に変化を与えたり自律神経をかいして

内臓の働きを調整したりホルモン分泌や免疫力にも影響を与えるなどさまざまな働きが知られています

精油をキャリアオイルで薄めて肌に塗ると芳香成分が皮膚からリンパ液

血液に乗り体中を駆け巡ります

精油は有効成分が濃縮されているので薄めて使うのが基本です

特に原液を皮膚に直接つけるのはだめです

マッサージにはキャリアオイルで薄めて足浴などにはお湯で十分薄めて使います

また初めて使う精油は事前にパッチテストをします

グレープフルーツ、オレンジ、レモン、ベルガットなど柑橘系の精油は紫外線と反応して

しみや肌の炎症を起こす原因になるので注意が必要です

外出前には使用はしないようにしましょう

子供がいる場合は手の届かないところに保管してください

妊娠中や高血圧などの病気があるときは使えないハーブもあります